圧政を打ち破る非暴力抵抗運動の効果的なやり方

      2017/03/09

TEDという組織が主催しているアイデアをプレゼンする世界的に有名なイベントがあります。

このイベントで、アインシュタイン研究所主席研究員のジャミラ・ラキーブ氏が面白いアイデアを披露していたので、ここで紹介させていただきます。

以下のリンクで、プレゼンの内容(日本語訳)と動画が見られます。

ジャミラ・ラキーブ: 実効性のある非暴力抵抗運動の秘訣

スポンサーリンク

 

ラキープ氏のアイデア

  • ガンジーやキング牧師のような非暴力の行動は、何千年もの間行われてきたが、テクニックとしての非暴力の闘い方は広く誤解されている
  • 例えば、エチオピア人のある活動家グループは、非暴力の行動を試行しているが失敗した。彼らは抗議運動を行ったが全員政府に逮捕されそれっきりになってしまった。これは、「非暴力闘争=街頭デモ」という考え方をしてしまったことが間違っていた
  • 非暴力の闘いが効果を発揮するのは敵を実際に攻撃する時ではなく敵の存続に必要な仕組みを特定しその力の源を奪う時
  • 非暴力闘争が成功した事例としてグアテマラがある。数ヶ月前までグアテマラを支配していたのは犯罪組織とつながりのある腐敗した元軍高官達だった。3万人のデモで「即刻辞任」を掲げたが、モリーナ大統領はそれに応えて絶対辞任しないと宣言
  • デモだけでは辞任させることが出来ないと気付いた活動家は、大規模なストライキを実施した。グアテマラ市だけで400ヶ所以上の会社や学校が門を閉ざし、国中の農民が幹線道路を封鎖した。その結果、たったの5日間で大統領は何十人もの政府官僚と共に辞任した
  • 戦争のテクニックは何千年にも渡って進歩を続けている。一方で、非暴力闘争の体系的な研究はほとんど行われていない状況。ラキープ氏は圧政の下で暮らす人々に、非暴力抵抗運動のやり方をアドバイスしている

 

 

このアイデアの優れている点

ラキープ氏が広めているアイデアでは、暴力が伴わず血が流されない点が素晴らしいと思います。

私も別の投稿で、血を流さずにテロをなくすアイデアについて紹介しています。

 

テロをなくすにはどうすれば良いのか?根本の原因から解決する一つのアイデア

 

興味のある方は、こちらもご覧頂ければと存じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 国際